発給されないサフィックス

Return to Untold Facts

発給されないサフィックス [JJ1WTL]

現在,発給がなされないサフィックスは,つぎのとおりです:

(1) QRA〜QTZ
(2) OSO, SOS, TTT, XXX

(1) は「Q符号との混乱回避のため」として有名ですので割愛するとして,
(2) に言及しているところは,なかなかありません.
総務省の内規(訓令)である,「識別信号の指定基準」にも記載がありません.
そんな中,以下の2件を探し出せました:

(1),(2)から,個人局16,142サフィックス/プリフィクス と言い切れます.


黎明期の発給状況 [JJ1WTL]

初期の OSO, SOS, TTT, XXX の発給状況について調べてみると,下表のとおりとなりました:

エリアプリフィクスOSOSOSTTTXXX
1 JA1
JH1中根OM
2JA2岡田OM
→JA2TKO
笹間OM鈴木OM
JH2加藤OM
JR2清水OM進士OM大野OM
3JA3藤井OM不破OM
→JA3XYO
JH3津吉OM
JR3今村YL本間OM
4JA4清水OM松井OM
JH4高砂OM藤村OM藤井OM
5JA5金文YL
6JA6近松OM磯脇YL山田OM
7JA7今野OM
JH7
JR7村上OM
8JA8
JH8福田OM
9JA9加藤OM
0JA0

  • 1969,72,78,80,81,82年版コールブック,コールブック速報版S56.5から作成.
  • 「つぎのプリフィクス」の欄を設けていないエリアでは,OSO,SOS,TTT,XXX すべての発給が停止.
  • NIL, PSE, RPT, RRR, TXT, VVV は,普通に配られています.

ことに

指定変更させられているように見えます.


現存は3局

「無線局情報検索」が部分マッチで結果を返すようになりましたので,探しやすくなりました.
JA9TTTJH4XXXJR7OSOが健在です(2011.4.9付データにて).
2003年時点ではJA6TTTもヒットしていましたが,QRTのご様子.

JA9TTTはCQ誌も執筆されていましたし,実際,JA9TTT/1/QRPと交信したこともあります.
JR7OSOは,コールブックの1981年版で出現した後(JARL会員),1986年版で消滅.
その後,再開局されたようです.

さすがに「SOS」で検索すると...「検索結果が0件です。」です.


「7L4TTT」から「7L4WWW」への指定変更 [JJ1WTL]

ご本人のWebがあります:
http://www.h6.dion.ne.jp/~radio/7l4www.html

「発給ミスはコンピュータが原因.
無線で交信しているときに聞いた話では,この免許の件はCQ誌にも掲載されたらしい.
開局から日が浅かったので,「まだ間に合う」と判断されただけかも.
電話のやり取りでも、あえて抵抗すればそのままでもよさそうな雰囲気だった.
免許番号も免許の日付も同じ.
電波利用料は免許番号で決まるようで,二重徴収はされていない.」
――とのことでした.


JH2TTTのQSLカード [JG1EPO]

発給されなかったサフィックスの件で私は開局したての頃、添付JPGの局とQSOした事があります。
今は免許切れのようですが、旧コールサイン復活の制度を使ってもJH2TTTは免許になるのかが疑問です。


[JJ1WTL: 詳細住所とお名前は画像処理させていただきました]

「JH8XXX」から「JR8EEE」への指定変更 [JG6BKB]

昭和55年北海道でJH8XXXが発給され、 公表直後にJR8EEEに変更された経緯があります。

CQ誌の付録(掲載月は昭和56年の初頭?)には記載がありましたが 同年夏頃の同じくCQ誌の付録ではJR8EEEに変更され、 JH8XXXは削除されています。
JARL発行のコールブックは確認しておりませんが、多分 この間の経緯は分からないと思います。

[JJ1WTL: 当時のコールブック速報版のスキャンデータをお寄せいただきました(TNX TO JH0KSP).
以下が一部の抜粋です.詳細住所などは画像処理させていただきました.

以下は1991年版のコールブックでのJR8EEEです.
たしかに,JH8XXXと同じ方ですね.


Return to Untold Facts
May 6, 2011, Ryota "Roy" Motobayashi, JJ1WTL