最短のコールサイン [JJ1WTL]

Return to Untold Facts

最短のコールサイン

WRC-03によって,アマチュア局のサフィックスは,一般に4字まで,催事に際しては無制限 ――ただし,いずれも最後はアルファベットのこと――となりました. この結果を受けた「平成16年6月24日総務省訓令第39号」によって, 日本では記念局に対し1〜5字までのサフィックス――もちろん最後はアルファベットでなければならない――が認められるようになりました.

サフィックスの規定
 従 来現 行
ITU
WRC-03より前
総務省
H16年訓令39より前
ITU
WRC-03以降
総務省
H16年訓令39以降
一般の局3文字まで2,3文字4字まで2,3文字
特別催事の局3文字無制限1〜5字
最後の字― (*)― (*)文字文字(“アルファベット”)
(*):サフィックスは「すべて文字」なのが前提なので,特記なし.
注!:ITU,総務省などでは,表現として『字』と『文字』とを,明確に区別して用いています.
『字』=『文字(アルファベット)』+『(アラビア)数字』 です.
英語でも同様で,character = letter + digit となります.

最後の字がアルファベットでないといけないのは, 「数字で終わる形」のコールサインが,ほかの業務の局に割り当てられているからです:

サフィックスの規定
割り当て
8J20宇宙業務の局(勧告)
8J200宇宙業務の局(勧告)
8J2000船舶局(無線電話の場合のみ,この形が可)
陸上移動局
8J200000船舶の救命浮機局

これで1文字サフィックスの雨あられ...と思いきや,遠慮がちな日本人だからでしょうか,あまり求めませんね. FIFA World Cup 2002のときに例外で得た「8J1C」などの10局のほかは, せっかくの新ルールの下での初年度では,3局だけでした:

最長の5字サフィックスもなかなか人気があり,

といった具合です.

EQ」は教科書的には満点ですが,本来口語的には「Q」で十分かな.

Hey, baby, there's somethin' on the news about the quake.

とは,電信の活躍が地球を救う,映画『インデペンデンス・ディ』の一セリフ(ウィル・スミス).

117」は1月17日なのですが, 深刻なのは「8N3」の「3」が余計な点です. ルール上,近畿管内では「8J3」「8N3」で始まることが必須なので,やむを得ません. パブリックコメントの際に戦ったのですが,ダメでした (その代わり,サフィックスにアルファベットだけではなく,数字を入れてもいいことにはしてくれた). おそらく,“地方局別の数字”(ようは,コールエリア)の部分まで「0〜9」を任意に選ばせてしまうと, 各総通相互間で確認のためのやりとり――「ウチで使っていい?」――が発生してしまうためだと,想像しています. 今回の「8N3117EQ」で,さっそくこの問題が露呈されてしまいました.

仮に「3」を取り去るとすると,(1) 常置場所をJARL本部にして,つねに「8N117EQ/3」で50W運用する, または,(2) 例外として総務本省に掛け合う――あたりでしょうか.

以下は敗戦の記録です:

世界編

世界的には「全3字」のものが最短です. 一番古いのは,サンマリノの「M1A」でしょうか? US-CQ誌の1948年9月号にQRTの紹介がありますので,それよりも前からあったようです. しかしMは,当時も今も「イギリス」の有している呼出符字列なのが問題.


M1B・M1Hが掲載されたコールブック

有名な「サフィックスなし」のヨルダンのフセイン国王の「JY1」については, アイコム社のBEACONには,「1972年6月4日」にJA9AA円間さんが交信した件を掲載しています. ですので1972年以前からであったことは確かです. (ところで,当時のITUのRR(無線通信規則)によるサフィックスの規定は"a group of not more than three letters"です. これを「サフィックス0文字も許される」と解釈するには,無理があると考えます.)

アメリカでは,火星探査船バイキングを記念するN6V」が1×1の一局目でした. こちらは1976年ですので,フセイン国王のほうが古さでは勝ちます.

さて,これら3字コールの間の同点決勝は,「モールスで打ったときの長さ」によって成されるべきでしょう. RRに乗っ取った正しい形での最短形は「1字の国籍+1数字+1文字」です.

(1) まず,1字国籍はB, F, G, I, K, M, N, R, W, 2
 この中で,モールスでいちばん短いのは,イタリアの持つ,短点が二つの「I」;
(2) つぎの数字で最短なのは,短点だけ五つの「5」;
(3) サフィックスとなる文字で最短なのは,短点一つの「E」.
ですから,結局,

がRRに乗っ取った,正しい形での最短形となります.

で,これはまだ発給されていないらしいので,2番目に短い「N」を使った,アメリカの

を探ってみると,ありました!

1998年10月9〜20日の「JOTA - BUTLER CO. CHAPTER」の際に,最初に使われています(JOTA: Jamboree on the air). これが〈実績〉としてのアマチュア局最短のコールサイン.そのあと2回使われています. (なお1910〜20年代ですと,各国の「5EE」に軍配が上がります.)

さらに,仮にRRを無視するとなると,「E5E」が最短. もちろんこのとき正しくは,「E5#E」のように,もう一つ数字が必要です. さらに「JY1」よろしくサフィックスなしで強行すると, 「E5」が超最短となります. 輪をかけて,数字さえも取り去る というなら,「I」の1文字だけとなります.

短いコールサインのまとめ
コールサイン運用年評価基準
M1A1948年以前から世界最古?
RR違反(Mはイギリスのはずがサンマリノ)
 
JY11972年以前からフセイン国王;サフィックスなし 
N6V1976年アメリカで最古(火星探査船バイキング記念) 
I5E(なし)RRに則した最短モールス符号での短さ
N5E1998年以降数回運用実績のある最短
各国の5EE(戦前)戦前まで含めた場合の最短
E5E(なし)RR違反(正しくはもう1数字必要でE5#E
E5(なし)さらにRR違反(正しくはサフィックスが必要)
I(なし)輪をかけてRR違反(正しくは数字が必要)

日本編

さて,わが日本では「JE5EEE」対「Aが入るけどサフィックス2文字の JA5EE」の戦いですが, 数えてみると,ともに「41短点」で引き分け.

記念局を含めて良いなら「8N5E」が「39短点」で, 現行の「識別信号の指定基準」の中で,日本最短となり,勝利します. 「愛媛○○記念特別局」なんてのにいいかも.


Return to Untold Facts
Nov. 3, 2008, Ryota "Roy" Motobayashi, JJ1WTL