3文字コール時代に2文字コールもらったラッキー組の話 [JJ1WTL]

Return to Untold Facts

JA3MX

このコールサインは,もともと北川OMが昭和28年に予備免許を受けました.
しかしOMの管外への転居によって,ずっと空いていたものです:


(CQ ham radio増刊1955年版コールブック)

現在は,


(日本アマチュア局名録 p.3-105)

氏が,昭和45年ごろにその局を廃止して,JA3MXの新設という形で免許をもらわれています.
元々のオーナ,exJA4GGJA3AAC北川OMがお書きになったWeb記事:http://www.jarl.com/ja3yaa/yaa-ja3aac.htmの中に,

予備免許を受けていたJA3MXを取り消し、中国電波管理局へ申請に行き、同年11月17日付けで予備免許をうけました。

――とあります.


JA3UB

元々の所有者は,JA3IGでもあられる


(CQ ham radio増刊1955年版コールブック)

でしたが,現在は,


(CQ ham radio増刊1955年版コールブック)

氏が,このコールサインをもらわれています.


JA1NZ

元々の所有者は,


(CQ ham radio 1953年11月号p.41)

でしたが,ずっと空いていました.
それが突如,この方が現れます:


(昭和52年6月末のデータに基づいた,監査指導員むけのコールブック)

この局が掲載されているコールブックは,唯一,この版のみ.
この前後の時期のものには掲載されていません.
(郵便番号は誤っていますね.)

ついで昭和60年ころ,かの,


(1991年版コールブック)

氏が免許を受けています.

現在は,総合通信局からの指導――同一管内では一つのコールサイン――に従ったためでしょう, 平成14年にJA1NZを廃局されました. 総合通信局に廃止データが残っていますので,以後いつか機会があれば既得コールということ で再びJA1NZで開局が可能かも知れません.

なお,正しくJA1NZが発給されたのは,昭和28年1月ごろのことです.


JA1BF

元々の所有者は


(コールブック1953(S28)版)

でした.それが


(コールブック1960(S35)版)

となりました.

めずらしいことですが,本件については二代目JA1BF鈴木OM本人の自供が取れております.
曰く,“なれのはて”(CQ誌1960年2月号臨時増刊『モデル・アマチュア局集』).



初代 増永OM関係
JA1BFの免許を受け,その後JA1TVも開局し,JA1BFは廃局.
・S27.12.24 JA1BF(初代)が免許
・S29.1.14 JA1BFで50MHz帯を撤去
・S29.4.21 JA1TVも免許(同一QTHで,50・144MHz帯を別免許化)
・S29.10.30 JA1BF(初代)を廃止

二代目 鈴木OM関係
最初にJA4FIで免許を受け,関東に移管した際,JA1BFJに.
その後,鈴木氏が,以前増永OMが廃局し空いていたJA1BFを(どういう訳か)受け,二代目JA1BFに.
・1954(S29).11.9 JA4FIを開局
・1955(S30).5.2 JA3OAも開局
・1955(S30).12.1 JA3OAを移動局に
・1955(S30).12.22 JA4FIで増波
・1956(S31).9.3 JA4FIを関東に移管し,JA1BFJに
・1956(S31).9.30 JA3OAを廃局
・1959(S34)まで JA1BFJ→JA1BFに変更

なお,コールブック上のJA1BFは,以下の変遷となっています:
・1953(S28)版 … 増永OM
・1955(S30)版 … 空欄「廃局」
・1957(S32)版 … 空欄「廃局JA1TVに変更」
・1960(S35)版 … 鈴木OM

また,二代目JA1BFの“バッファ”となったJA1BFJの掲載状況は,以下のとおりです.
1960年版では「JA1BFへ変更」と宣言されています:


1957(S32)年版


1960(S35)年版

〔Special thanks to JL7WTG〕


JA1BWM 【3文字ですが...】

渡邊英興OM(1991年版コールブックによる)も,JA1の再割り当て以前に,このコールサインを得ています.
しかし元々の所有者は,


(CQ ham radio増刊1955年版コールブック)

でした.本来の発給時期は昭和32〜33年ころになります.


JA1JG 【参考】

南極の作間OMですが,「南極観測隊にふさわしいコールサイン」と文部当局を納得させるため, 周囲のサポートの元に元々の所有者:


(CQ ham radio増刊1955年版コールブック)

に廃局届を出してもらって,譲り受けたものです.
のちに巨海OMは,JA1CETを得ています.


JA1YL

JA1WA〜ZZの再割り当て時の話ですので,ちょっと違うのですが,JA1CO-XYLのJA1YL,元々のコールサインは,JA1BTTでした.


(CQ ham radio 1957年11月号p.63)

JA1WA〜ZZの再割り当て(1958年1月受付開始)に乗じて,JA1BTTからJA1YLに“サッと入れ替えた”ように見えますが,入れ替わり前のわずか一瞬を捉えたのはこの記事だけ.
ここ以外ではしっぽを掴めていません.
当時の資料――局名録・官報――を見ましても,JA1BTTは,「何事もなかったかのように」他のOMに割り当てられています.

このページ,たまたま『崖の上のポニョ』に登場したJA4LLが載っていましたので,長めに引用しました.

類似例として,「新規に移動局を作る」といった手?によって,2文字コールを得た方々もいます:

3文字2文字 
JA1BEUJA1XD 
JA1BFIJA1ZZ 
JA1BJOJA1WD 
JA1BMSJA1XV 

いまでこそ「1コール/エリア」ですが,初期はむしろ,「別設置場所」・「固定と移動」でコールを分けていました.
1968年のコールブックから,“片寄せ”の具合をまとめてみます:

●若番に統一
JA1AAI→JA1PA
JA1AJW→JA1FG
JA1AMP→JA1LJ
JA1AMU→JA1JU
JA1ANC→JA1AJY
JA1ANL→JA1TK
JA1ATX→JA1KI
JA1AUE→JA1KG
JA1BFJ→JA1BF
JA1CMO→JA1KG
JA1CSQ→JA1BYJ
JA1EQI→JA1IX
JA1FCR→JA1QW
JA1IGC→JA1AN

●老番に統一
JA1ADF→JA1CTD
JA1AEV→JA1BDR
JA1AJP→JA1AKP
JA1AQB→JA1AYB
JA1BKQ→JA1BQR
JA1CSZ→JA1OUB
JA1DHS→JA1OHX

JA1AJWJA1FG.設置場所が違っています:

 

Return to Untold Facts
Nov. 25, 2017, Ryota "Roy" Motobayashi, JJ1WTL