最長のコールサイン

Return to Untold Facts

長いコールサイン [JJ1WTL]

無線通信規則(RR)上,通常の局の場合は「2×4形式」が最長となります.全7字.
実際,オーストラリアのFoundation級が4文字サフィックスになっています.

一方でRRは催事の場合には全7字を超えることを認めており――上限なし――,したがい「長いコールサイン」については催事の局,いわゆる記念局が鍵になります.

世界編

13字  キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!

ON5ØØMERCATOR
12345678910111213

12字

ON1ØØØNOTGER
ON5ØWAASLAND
PAØ9MONUMENT
YL2Ø12USCARS
123456789101112

11字

ZY51ØØSCOUT
ON7ØREDSTAR
ON25BELGICA
PC6ØTROLLEY
HF2ØØCHOPIN
PB1ØØPREFIX
1234567891011

日本編

日本では,通常の局では「2×3」の6字が最長です. モールスで打った場合で考えると,日本で一番長いのは,
(1) 数字「0」を使って,
(2) 残りの文字が最も長い符合(3長点+1短点)のJ,Q,Yのどれかで構成される場合
――になります. で,発給されている範囲では,

の9局です.締めて「99短点」.JJ0JJJ が1回コールする間に, JE5EEE はほどよく2回コールできてしまいますね.

記念局を含めていいなら,プリフィクスを「8J0」と読み替えて, サフィックスを 「0」を四つ+「J,Q,Yのいずれか」 にしてください. つまり,

の3局が,超最長となります.「157短点」.使い道は「ユーラシア大陸〜日本列島分離80万年記念局」とかですね.

なお実績としては,全8字が最長です(8N3ARISS, 8N1NSSAI, 8N3117EQなど).
これは日本の電波法関係審査基準が独自にサフィックスを「1〜5字」で歯止めをかけているためです.

いちおうまとめておきますと,
・末尾がアルファベットに限られる規定 → 国際的
・サフィックスが5字に限られる規定 → 日本のみ(国際的には無制限)
――です.

運用場所を含めたコールサインで

おなじくアテネ・オリンピックの際,レシプロでギリシャから運用する局には, 「J42004/」が許されました(2004年8月1日〜11月15日). かるくGoogleすると,

などの実事例が引っかかってきました.「全13字」ですね.

ギリシャでは,移動運用時に「/P」「/M」「/MM」の表示が義務化されていますので, もしマリタイムモービルなら輪をかけて「/MM」がついて,「全16字」となります.

社団局運用・ゲストオペで

日本では「免許人のコールサインの後に運用者のコールサイン又は名前を送信することについては支障ない」というのが 局別審査基準の規定です.ですので,

という「13字」も,ふつうにあり得ます.

特別記念運用で

これもいくつか例はありますが,我が日本でも大多数が2×3のコールサインに,今般「/SO2005」 がつけられますので,たとえば,

となって,スラッシュを含めて「全13字」となります. 添付される「/SO2005」というのは,世界最長のような気がします(未確認).

さらにこれを「沖縄」の「道の駅」から「QRP」で移動運用するとなると,さながら

と言ったところでしょうか. 締めて「24字」. 全部打ち込むとなると,新フォーマットのハムログでも破綻します.


/ を含めて [JI1CQA]

いささか古いですが、私のQSOした中で / を含めて14文字という局があります
1983年にQSOしたPA0GAM/OH0/OJ0という局です
私も開局して32年経ちましたが、今もこの局が私のQSOした最長コールサインです


また、13文字コールサインとしては、近年(おそらく現在も) 中華人民共和国で外国人が現地局シャックからゲストオペでQRVする場合には 必ず ホームコール/ホスト局コール としなければならないようです
この形式のコールの中国局とは複数の局とQSO/QSLしておりますが 一例として、DL2JRMが雲南省昆明市のBY8SKMからQRVした DL2JRM/BY8SKMのQSL画像も添付致します


同様の形式の13文字タイプで、いささか古い物ではありますが 私が1993年にQSOした S79KMB/JH7UJU という局もあります このときはちょうど ALL ASIAN DX コンテスト CW部門 でしたが
私の当時のログを見ると ちゃんと13文字全部書いてあるので(手書き紙ログ) 向こうのオペのかたは、手打ちかどうかわかりませんが 少なくともいちいちこの長いコールを送出していたようです (とくにコンテストですし!) いやいやお疲れ様でした hi


Return to Untold Facts
Apr. 31, 2012, Ryota "Roy" Motobayashi, JJ1WTL