コールサインの改変 [JJ1WTL]

Return to Untold Facts

だんだん判ってきました. 書籍・Web記事などでは誤解を招く表現が多いので――というか間違っている――極力正しくまとめます.

概 要形式告示施 行備 考
既設局適用新設局適用
  JXAX S2.9.10〜  
JXAX形式からJ1CU形式へ J1CU S3.10.19 S4.1.1 S3.10.20〜 既存局は所定日に一斉変更.
新規局は告示翌日から新形式で発給.
J1の全局がJ2に S9.1.24 S9.2.1 所定日に一斉変更.
新潟県の全局がJ6からJ2に S11.11.28 S11.12.1 所定日に一斉変更.
第 二 次 大 戦
  J2GHQ S21(1946)? 占領軍の初期のコールサインは1×3形式.
占領軍の J2〜J7がJA2〜JA7に JA2AV (免許人宛個別通達)
S23.11.5
S24.1.1 ? 所定日に一斉変更.
J9がKR6に KR6NA ? S24.1.1らしい ?  
小笠原の米軍属がKG6Iを使うように KG6IJ ? S24(1949)?  
駐留米軍のJAがAMRSのKAに KA2AV ? S27.6 日本人局の再開を前に移行.
信越のJA1WがJA0に JA0AA (通達)
S29.11.27
(通達)
S29.12.15
S29.12 所定日一斉変更ではない.
強制ではない.
北陸のJA2WがJA9に JA9AA (通達)
S29.12.15
S29.12
小笠原の返還で米軍属のKG6IがKA1,KA2に KA2IJ ? S43(1968)  
沖縄の返還で 日本人のKR8がJR6に JR6AA (通達)
S46.12.20
S47. 5.15 所定日に一斉変更.
新規局には別ブロックJR6QUA〜を発給.
KR6の米軍属がKA6のAMRSに KA6AA ? S47. 5.15  

JXAX形式からJ1CU形式へ

1927(S2)年のワシントン会議の結果を反映しての変更. 実験局のコールサインが「国籍+数字+最大3文字」と決まったため. 既設局については1928(S3)年10月19日に告示され,翌S4年の元旦から施行が求められた. 新設局については翌日1928(S3)年10月20日以降,「国籍+数字+最大3文字」の新形式で一足早く発給されている. なので「1929(S4)年1月1日改変」というのは,厳密には誤り.

J1の全局がJ2に

1932(S7)年のマドリッド会議の結果を反映しての変更. 実験局のコールサインの数字で「1,0」の使用が禁止されたため. アマチュア局については例外で「1,0」の使用が可能. 以上のルールは70年以上経った現在においても同じ.

しかし!,当時の日本では,アマチュアは「実験局」という位置づけだったため, 「J1」の全局は「J2」に変更させられることとなる. このとき「J2C〜F」が名古屋逓信局管内,「J2G〜Z」が東京逓信局管内と細分化された. 1934(S9)年1月24日に告示され,2月1日から施行されている. この1月24日〜2月1日の間に,新設局はない.

新潟県の全局がJ6からJ2に

1936(S11)年10月15日,「東京逓信局」が次の二つに分離した(カッコ内は管轄):

これに併せ新潟県が「仙台逓信局(J6)」から移管された. この移管を受け,新潟県の局はJ6からJ2に変更となった(1936(S11)年11月28日告示,12月1日施行). 影響を受けたのは計10局で,内訳は官設2,私設学校2,私設個人6.

占領軍のJ2〜J7がJA2〜JA7に

1947(S22)年のアトランティックシティ会議の結果を反映しての変更. 日本への呼出符字列の割り当てが「Jの1文字」から「JA〜JS」に削減されたため. 1948(S23)年11月5日に個別通達され,翌1949(S24)年元旦(アトランティックシティ条約の施行日)から施行されている.


JA3AAのQSLカード.
NAGOYAのTOM ROTHWELL氏のものであって,ゆめゆめ島OMではない.

占領軍のJ9がKR6に

一方,沖縄はJ9からKR6に切り替わった. 切替時期の確証は得られていない. しかしQST1949年3月号のカントリーリストで沖縄はKR6として掲載されていることを鑑みると, 本土のJAへの切替と同時期であったと想像する. サフィックスのブロックとしてはJ9AAA〜J9AZZのように,A限定だった.

小笠原の米軍属がKG6Iを使うように

QST 1949年3月号のカントリーリストでは,小笠原はKG6IA-IZと掲載されている. ただしWeb検索した交信記録で遡れるのは,S38(1963)年ころまで. (また硫黄島でJA0を使っていたという証言・記録もある(JA2RM や FEARLのアワードのデザイン).)

駐留米軍のJAがAMRSのKAに

日本人によるアマチュアの再開を前に,占領軍JA局はKAのAMRS(Auxiliary Military Radio Stations)となった. JA2RMによると,切替時期は日本人によるアマチュア無線の再開目前の1952年6月.

信越のJA1WがJA0に,北陸のJA2WがJA9に

1954(S29)年11月27日付『郵波陸第2783号』でJA0,JA9を設けることが決まり,本省から両電監あてに通達された. 以降,信越・北陸側とも1954(S29)年12月15日付で免許人あてに通達をしている.

これ,強制一斉切替にあらず.

当時の局免許期間は3年間. 切り替えなかった局は,再免許の際にJA0に指定替えさせられた.

また,このタイミングで「信越電監」「北陸電監」ができたわけでもない.
1947年に「長野逓信局」「金沢逓信局」が(再度)生まれているし, 1949年施行の電気通信省設置法によっても,「信越電波管理局」「北陸電波管理局」はすでに置かれている(このときは「管理」の字を使っていた).

小笠原の返還で米軍属のKG6IがKA1,KA2に

S43(1968)年に小笠原は日本に返還される. 以降,KA1,KA2が使われた.

沖縄の返還で日本人のKR8がJR6に

これは強制一斉切替.

沖縄の返還でKR6の米軍属がKA6のAMRSに

軍関係者はKA6局として存続できた. しかし軍属以外は,アマチュア無線をあきらめざるを得なかった.

KA6はもともと四国地方に割り当てられていたブロック. しかし開局実績がなかったことから,沖縄に〈転用〉されたものと想像する.


Return to Untold Facts
Oct. 12, 2008, Ryota "Roy" Motobayashi, JJ1WTL